ワイヤレスイヤホン

【ワイヤレスイヤホン】TaoTronics SoundLiberty 92 TT-BH092はどうなのか?評判も紹介!

TaoTronics SoundLiberty 92 TT-BH092

今では一家に一台はあると言われているワイヤレスイヤホンですが、ワイヤレスイヤホンは線がないので「線が絡まる」「断線する」ということがありません。

価格もピンからキリまであり、価格が安いからと言って品質が低いわけではなく、高品質なものもあります。

ワイヤレスイヤホンの中でも「TaoTronics SoundLiberty 92 TT-BH092」というワイヤレスイヤホンもおすすめできる商品の1つです。

当記事では、「TaoTronics SoundLiberty 92 TT-BH092はどうなのか?」「評判」を詳しく解説します。

ワイヤレスイヤホンとは?

ワイヤレスイヤホンとは?の挿入画像

最近はワイヤレスイヤホンを使用する人が多くなっており、様々なメーカーから多彩な製品が販売されています。

ワイヤレスイヤホンとは、従来の製品と違ってイヤホンと機器をコードで接続する必要がないイヤホンであり、Bluetoothを用いて機器とペアリングすることが多いです。

色々な種類から商品を選ぶことができますが、人気が高いものには「TaoTronics SoundLiberty 92 TT-BH092」があります。

リーズナブルかつ高品質なワイヤレスイヤホンを求めているのであれば、この製品の特徴や評判を知っておくと良いでしょう。

TaoTronics SoundLiberty 92 TT-BH092とは?

TaoTronics SoundLiberty 92 TT-BH092とは?の画像出展元:「Amazonより」

「TaoTronics SoundLiberty 92 TT-BH092」は、インナーイヤー型のワイヤレスイヤホンなので、カナル型のイヤホンが苦手な人でも使い勝手が良いと感じるはずです

ノイズキャンセリング機能よりも、「耳への優しさを大切にしたい人」にピッタリだと言えます。

TaoTronics SoundLiberty 92 TT-BH092の特徴

TaoTronics SoundLiberty 92 TT-BH092の特徴の画像出展元:「Amazonより」

  1. 圧迫感が少ない
  2. 人間工学に基づいたデザイン
  3. イヤホンが軽く、耳への負担が少ない
  4. デザイン性が高い
  5. 充電ケースが小さくて持ち運びに便利
  6. まろやかな音質を楽しめる
  7. 遅延が気にならない
  8. 最大5時間の連続再生
  9. IPX7の防水規格
  10. 初心者にも安心の瞬間ペアリング
  11. ハンズフリー通話にも対応
  12. タッチセンサー式を採用

特徴①圧迫感が少ない

圧迫感が少ないので、長時間音楽や通話を楽しむという場合にも便利です。

特徴②人間工学に基づいたデザイン

人間工学に基づいたデザインの画像
出展元:「Amazonより」

インナーイヤー型であることによる装着しやすさだけではなく、このイヤホンは人間工学に基づいたデザインになっていることも特徴的だと言えます。

耳の形状や大きさは十人十色だと言うことができますが、研究を重ねることによってアジア人の耳にフィットしやすいイヤホンの開発に成功しており、実際に装着感が良いという感想を持つ人が多いです。

特徴③イヤホンが軽く、耳への負担が少ない

特徴③イヤホンが軽く、耳への負担が少ないの画像出展元:「Amazonより」

イヤホンが約4.7gと軽いこともありますが、耳に負担をかけずにちょうど良いフィット感を期待することができます。

ワイヤレスイヤホンを装着するときには落下しないかどうかも気になるポイントですが、ズレにくくて落下するリスクが低いので安心して利用できるはずです。

特徴④デザイン性が高い

着け心地が良いことだけではなく、デザイン性も非常に良いので人気が高いです。

特徴⑤充電ケースが小さくて持ち運びに便利

特徴⑤充電ケースが小さくて持ち運びに便利の画像出展元:「Amazonより」

充電ケースは片手におさまるサイズ感なので、持ち歩くときに邪魔になる可能性が低いと言えます。

バッグを持ち歩かない人でも、ズボンのポケットや胸ポケットに入れて持ち歩けるほどの大きさです。

シンプルなスクエア型であり、洗練されているので年齢や性別に関係なく使うことができるでしょう。

特徴⑥まろやかな音質を楽しめる

まろやかな音質を楽しめるの画像出展元:「Amazonより」

ワイヤレスイヤホンを選ぶときには音質も重要なポイントですが、この製品ではまろやかな音を楽しむことができます。

5千円以下で購入することができますが、チープさが感じられる音質ではないので、リーズナブルな製品を求めているけれど音質を妥協したくないと考えている人でも満足できるはずです。

ダイナミックドライバーが採用されているので、低音域のビートも感じられるでしょう。

中音域と足並みを揃えるようなまろやかさがあるので、長時間音楽を聴いていても耳が疲れにくいフラットな音質だと言えます。

特徴⑦遅延が気にならない

特徴⑦遅延が気にならないの画像出展元:「Amazonより」

低価格帯の商品は遅延が生じることも多いですが、この製品は動画視聴程度であれば遅延がほとんど気にならないはずです。

判定がシビアなゲームには向いていませんが、動画を視聴するときに音声と映像が大幅にズレることは少ないので、ストレスを感じることなく視聴できるでしょう。

接続の安定性にも大きな問題はなく、連続使用していても音が飛んだり遅延したりするリスクは低いと言えます。

特徴⑧最大5時間の連続再生

特徴⑧最大5時間の連続再生の画像出展元:「Amazonより」

本体充電時間は1時間20分となっており、フル充電されたものであれば最大5時間の連続再生が可能です。

充電ケースを併用するのであれば、最大30時間再生することができます。

低価格帯でこれほどまで長時間の接続が可能なワイヤレスイヤホンは少ないので、非常にコストパフォーマンスが高いです。

特徴⑨IPX7の防水規格

特徴⑨IPX7の防水規格の画像出展元:「Amazonより」

イヤホンはIPX7の防水規格となっており、水中に落としてしまっても水の侵入がほとんどないとされています。

防水仕様なので屋外でも安心して使うことができるでしょう。

他にもたくさんの魅力があります。

特徴⑩初心者にも安心の瞬間ペアリング

特徴⑩初心者にも安心の瞬間ペアリングの画像出展元:「Amazonより」

瞬間ペアリングで使い方がとても簡単なので、初心者でも容易に使いこなすことができるはずです。

片方のイヤホンを取り出したりケースに収納したりするだけで、片耳モードと両耳モードの切り替えが行われます。

スムーズに切り替えが行われるので、充電ケースから取り出してすぐに音楽や通話を楽しむことが可能です。

特徴⑪ハンズフリー通話にも対応

マイクを内蔵しているのでハンズフリー通話にも対応しており、移動中や作業中に通話を行うことが多い人にも便利だと言えます。

特徴⑫タッチセンサー式を採用

特徴⑫タッチセンサー式を採用の画像出展元:「Amazonより」

タッチセンサー式なので、イヤホンを軽くタップするだけで音楽再生や音量調整の実行ができる点も大きな魅力です。

まとめ

「TaoTronics SoundLiberty 92 TT-BH092」は、低予算で優れた性能を持っているワイヤレスイヤホンを購入したいと考えている人にピッタリだと言えます。

ワイヤレスイヤホンを購入する際に重視される携帯性や充電性能は十分なレベルだとされていますし、搭載されている機能も十分な満足感が得られるものです。

耳にフィットしやすく快適に使えるワイヤレスイヤホンをリーズナブルな価格で購入することができるので、コストパフォーマンスを重視して選びたい場合はチェックしてみると良いでしょう。