ワイヤレスイヤホン

【ワイヤレスイヤホン】B-FIT(ビーフィット) ワイヤレスイヤホンはどうなのか?評判も紹介!

B-FIT

普段からイヤホンを利用していて、「線が邪魔だな~」「たまにイヤホンの線で転びそうになるから危ない」という経験をしたことがある方がいると思います。

そんな方におすすめなのが、B-FIT(ビーフィット) ワイヤレスイヤホンです。

当記事では、「B-FIT(ビーフィット) ワイヤレスイヤホンはどうなのか?」「評判」を詳しく解説します。

ワイヤレスイヤホンとは

ワイヤレスイヤホンとはの画像

ワイヤレスイヤホンとは、オーディオ機器とイヤホンをケーブルで接続しないで、主にブルートゥースという規格を使って接続するイヤホンの事です

ケーブルが無い事で、スマートフォンなどのポータブルオーディオ機器をバックやポーチやポケットなどに収納した状態のままで音楽を楽しめます。

また通勤中や通学中などの移動中はもちろん、スポーツやダンスをやっている時に有線のイヤホンを使うと、ワイヤーが邪魔で引っ張られてジャックから抜けたり絡まってしまう事がありますが、ワイヤレスイヤホンを使えばそんな不満も解消されます。

またワイヤーが絡まったり、断線する心配も無く使用する事が出来るのもいい点です。

しかし以下のような欠点もあります。

▼ワイヤレスイヤホンの欠点

・音楽プレーヤーから、ブルートゥースを経由するため音に遅延が生じる
・ホワイトノイズなどのノイズが発生しやすい

そしてワイヤレスイヤホンが普及した理由は、一分の人気のスマートフォンブランドでイヤホンジャックが廃止されて有線が使えなくなった事も理由と言われています。

B-FIT(ビーフィット) ワイヤレスイヤホンとは

B-FIT(ビーフィット) ワイヤレスイヤホンの画像出展元:「株式会社アクセスより」

B-FIT(ビーフィット)ワイヤレスイヤホンは、無線イヤホンでよくありがちなカナル式では無く、開放的な着け心地のインナーイヤー型を採用しています。

カナル式は音漏れし難くするために、まるで耳栓をしているような着け心地のため圧迫感を感じます。

それに対してB-FIT(ビーフィット)ワイヤレスイヤホンで採用されているインナーイヤーは、耳に触れている面積が小さくて密閉感や圧迫感が無く開放的でストレスフリーで使用できます。

B-FIT(ビーフィット) ワイヤレスイヤホンの特徴

B-FIT(ビーフィット) ワイヤレスイヤホンの特徴の画像出展元:「Amazonより」

  1. 価格が安い
  2. 長時間の接続
  3. カラーバリエーションが豊富
  4. 快適に長時間使用できるインナーイヤータイプ
  5. 高音質のAACに対応
  6. 軽量設計
  7. マイク内蔵のリモコンで高い操作性を実現

特徴①価格が安い

価格が安いの画像出展元:「Amazonより」

このB-FIT(ビーフィット)ワイヤレスイヤホンの特徴は、価格が安くて2000円弱の価格で高音質です。

B-FIT(ビーフィット)ワイヤレスイヤホンで最も売れている製品は、AH-BT59です。

特徴②長時間の接続

長時間の接続の画像出展元:「株式会社アクセスより」

メーカーが公表しているスペック表によると長時間の接続に関して、フル充電を行った状態で音楽再生をした場合は、最大4時間半まで聴き続ける事ができます。

スマートフォンの通話で使った場合には、フル充電をすれば連続通話時間で最大4時間通話し続ける事が可能です。

そして連続待ち受け時間に関しては、最大百時間連続待ち受けできます。

完全にバッテリーが切れた状態から、フルの状態になるまでの本体充電時間は、約2時間掛かります。

ちなみにブルートゥースの規格は、一般的な4バージョンが採用されています。

そしてブルートゥースを受信できる最大の距離は、約10メートルまででそれ以上離れると安定的に受信できなくなります。

ブルートゥースで接続可能なオーディオ製品は、動作確認がなされた物はアップル製のスマートフォンとタブレットなどで、他の機器の動作保証はなされていません。

特徴③カラーバリエーションが豊富

カラーバリエーションが豊富の画像出展元:「株式会社アクセスより」

カラーバリエーションは豊富で、ホワイトとターコイズとネイビーとライトピンクとブラックとビビットピンクから選べます。

同梱付属品には、充電用のマイクロUSB充電ケーブルと、そのケーブルを束ねるためのコードクリップと、クイックガイドなどが掲載された説明書です。

特徴④快適に長時間使用できるインナーイヤータイプ

快適に長時間使用できるインナーイヤータイプの画像出展元:「Amazonより」

B-FIT(ビーフィット)ワイヤレスイヤホンAH-BT59の特徴は、インナーイヤータイプを採用しているので、耳に引っかけるように使えて耳栓のような使い方のカナルタイプと異なり快適に長時間使用できる点です。

特徴⑤高音質のAACに対応

コーディックは、高音質のAACに対応しているので、音楽をいい音で聴きたいと言う人に向いています。

特徴⑥軽量設計

軽量設計の画像出展元:「Amazonより」

B-FIT(ビーフィット)ワイヤレスイヤホンAH-BT59の重さは、13グラムの軽量です。

特徴⑦マイク内蔵のリモコンで高い操作性を実現

マイク内蔵のリモコンで高い操作性を実現の画像出展元:「Amazonより」

イヤホン本体のコード部分には、マイク内蔵のリモコンが付いているので、運動中にハンドフリーで音量の調節や通話や曲送りや曲戻しなどの操作が可能です。

B-FIT(ビーフィット)ワイヤレスイヤホンの欠点

B-FIT(ビーフィット)ワイヤレスイヤホンの欠点の挿入画像
  1. 外からの雑音が入りやすい
  2. 再生周波数帯域が狭い
  3. ワイヤレスによるノイズが発生する可能性がある

欠点①外からの雑音が入りやすい

欠点①外からの雑音が入りやすいの挿入画像

インナーイヤー型の欠点で、カナル型のように密封されていないため、人通りが多い場所や車が煩い場所では、外からの雑音が煩くて、通話中の音声が聴き取り難くなる点はあります。

手動で操作するボタンもシンプルで、リモコンの一番上は音楽を戻す時のバックスキップボタンと、ボリュームを下げるボタンが付いていて、その左脇に充電で用いるマイクロUSBポートが付いています。

リモコンの中心は電源のオンオフボタンと、スマートフォンの通話のオンオフと音楽を再生するボタンがあります。

リモコンの一番下には、次の曲にスキップするボタンとボリュームを上げるボタンが付いています。

欠点②再生周波数帯域が狭い

欠点②再生周波数帯域が狭いの挿入画像

再生周波数帯域は、流石に数万円をするような高級のイヤホンに比べると範囲は狭いですが、20Hzから20000Hzまで再生できるので、そこまで音に拘りが無ければ問題ない音質です。

欠点③ワイヤレスによるノイズが発生する可能性がある

欠点③ワイヤレスによるノイズが発生する可能性があるの挿入画像

メーカーのB-FIT(ビーフィット)ワイヤレスイヤホンAH-BT59の仕様票を見てもノイズキャンセリング機能について、全く記載がなされていないので特に付いていないようです。

ノイズキャンセリング機能が付いていないので、ワイヤレスによるノイズや、ホワイトノイズが気になる可能性があります。

まとめ

B-FIT(ビーフィット) ワイヤレスイヤホンを紹介してきましたが、いかがでしょうか。

本製品は、他のBluetoothイヤホンとは違うインナーイヤータイプを採用しているので耳に掛けるだけでよく、長時間の使用に向いています。

安価な価格が魅力的なので、「始めてワイヤレスイヤホンを買う」「耳の負担が少ないものが欲しい」という人にはおすすめの1品です。