ワイヤレスイヤホン

【ワイヤレスイヤホン】Anker Soundcore Life P2はどうなのか?評判も紹介!

値段以上の高級感の挿入画像

今では家電量販店、ネットショップなどで見かけるようになったワイヤレスイヤホンですが、ワイヤレスイヤホンは「価格」「音質」「充電時間」「性能」など個体によってそれぞれ特性が違います。

中でも、Ankerで販売されている「Anker Soundcore Life P2」は、比較的安価に購入でき、性能も音質も価格がちょうどいいと評判です。

当記事では、そんな「Anker Soundcore Life P2はどうなのか?」「評判」を詳しく解説します。

ワイヤレスイヤホンとは

ワイヤレスイヤホンとはの挿入画像

ワイヤレスイヤホンとは、有線式ではなく無線のイヤホンです。

スマートフォンなどの機器とBluetoothで接続し、音楽を聴くことができます。

有線式とは違ってケーブルがないので、音楽を再生するスマートフォンはバッグの中に入れたままで構いません。

再生や停止、音量の調整はリモコンで可能なので、通勤や通学などの移動中に使うなら便利です。

Anker Soundcore Life P2とは?

Anker Soundcore Life P2とは?の挿入画像出展元:「Amazonより」

Anker Soundcore Life P2も、便利なワイヤレスイヤホンの1つです。

魅力は価格の安さで、ワイヤレスイヤホンとしては「5,000円以下」の安価な部類になります。

実売5,000円以下の安価な価格帯で販売されている製品ですから、魅力的な点もあれば気になる点があるのも事実です。

Anker Soundcore Life P2の特徴

Anker Soundcore Life P2の特徴の挿入画像出展元:「Amazonより」

  1. 値段以上の高級感
  2. 使い方が簡単
  3. aptXに対応
  4. 価格と音質がちょうどいい
  5. 1日中音楽を聴ける
  6. ノイズキャンセリング機能・防水規格のIPX7に対応

特徴①値段以上の高級感

値段以上の高級感の挿入画像出展元:「Ankerより」

性能とは無関係ですが、パッケージはプラスチックケースなので高級感はありません。

しかし本体の質感は安物っぽさはなく、値段の割りには高級感を感じると評判です。

もちろん数万円レベルの高級なワイヤレスイヤホンと比較すれば落ちますが、5,000円以下と考えれば頑張っている方と言えるでしょう。

充電ケースも質感が良いので、安いからといって安っぽい印象は感じられません。

特徴②使い方が簡単

使い方が簡単の挿入画像出展元:「Ankerより」

Anker Soundcore Life P2の使い方は非常に簡単です。

step1.ケースからイヤホンを取り出す

ケースからイヤホンを取り出すとスマートフォンなどの端末にイヤホン名が表示されます。

step2.スマートフォンに表示されたイヤホン名をタップ

あとはBluetoothの設定画面に表示されたイヤホン名をタップするだけで、自動的に接続されすぐに使い始められます。

取り出すだけでスマートフォンなどの端末が自動的に検知し、画面をタップするだけで使える手軽さは非常に魅力的です。

特徴③aptXに対応

5,000円以下で買えるワイヤレスイヤホンでありながら、aptXに対応しているのも評価されている点です。

aptXは低遅延・高音質なコーデックで、ワイヤレスでありながらCD並みとされています。

遅延もAACなどと比べると感じにくいので、ワイヤレスイヤホンの中ではゲームなどの用途にも向いていると言えるでしょう。

・高級クラスのワイヤレスイヤホンならaptXにも対応していますが、5,000円以下で対応している製品は限られているので、コーデックにこだわる方に向いています。

特徴④価格と音質がちょうどいい

ワイヤレスイヤホンを購入するなら、最も気になるのは音質です。

一般的に有線式よりもワイヤレスは悪いと言われていますし、価格とも比例するので安価な製品は悪い場合が多いです。

しかしAnker Soundcore Life P2に関しては、価格と音質が釣り合っているとされます

5,000円で購入できるワイヤレスイヤホンとしては解像度が良く、よほどのマニアでなければ納得できるでしょう。

・音の傾向として若干低音が強めで、高音とボーカルは悪いとされているので、購入する際はご注意ください。

強めの低音が好きな方にはおすすめですが、ボーカルがメインの曲や低音が強いのが嫌な人には向いていないでしょう。

気になるなら店頭で聞き比べて、確かめてみるのがおすすめです。

特徴⑤1日中音楽を聴ける

1日中音楽を聴けるの挿入画像出展元:「Ankerより」

Anker Soundcore Life P2の本体充電時間は、「最長40時間」です。

イヤホン単体でも7時間聴けますから、1日音楽を聴き続けても充電いらずと言えるでしょう。

本体充電時間も長めですから、充電回数を減らせるので手間がかからないのも魅力です。

Anker Soundcore Life P2の気になる点としてレビューなどで挙げられているのは、長時間の接続です。

・多くの場合は接続が安定し、音楽を聴いている最中に途切れるケースはほぼありませんが、稀にプツプツと切れるときがあるとされています。

多くの場合は接続が安定し、音楽を聴いている最中に途切れるケースはほぼありませんが、稀にプツプツと切れるときがあるとされています。

Bluetoothのワイヤレスイヤホンにはよくある問題ですが、接続の安定性が特別優れているわけではありません。

このように魅力的な点があると同時に、評判を調べてみるときになる点もいくつかあります。

しかし5,000円以下の価格で買えるのに、デザインや質感などの見た目はワイヤレスイヤホンで大切な音質も悪くありません。

特徴⑥ノイズキャンセリング機能・防水規格のIPX7に対応

ノイズキャンセリング機能・防水規格のIPX7に対応の挿入画像出展元:「Ankerより」

Anker Soundcore Life P2は、ノイズキャンセリング機能に対応しており、防水規格のIPX7にも対応しています

安いワイヤレスイヤホンの多くは、防水規格に対応していてもIPX7にまで対応している製品は限られています。

・基本的に、IPX7に対応しているワイヤレスイヤホンなら、水没しても大丈夫なぐらいの防水性能があるので、誤って水の中に落としてしまっても問題ありません。

またワイヤレスイヤホンはその使い方からランニングやウォーキングなど、屋外でスポーツをしながら使用するケースが多々あります。

屋外でスポーツをしている最中には雨が降ってきたりしますが、防水企画のIPX7に対応している製品なら濡れても大丈夫でしょう。

まとめ

Anker Soundcore Life P2を紹介してきましたが、いかがでしょうか。

Anker Soundcore Life P2を特におすすめするのは、「屋外でスポーツをしている最中でも安心して使える安いワイヤレスイヤホンを探している人」です。

低価格帯で音質が好みに感じる人にも、おすすめできるワイヤレスイヤホンとなっています。