• ホーム
  • 母体保護のための避妊について

母体保護のための避妊について

2019年12月13日

人工妊娠中絶は、母体保護法に基づいて行われます。
妊娠を継続することにより母体が健康を害する場合や暴行などによって妊娠した場合の一定の条件を満たす場合のみに行うことができ、妊娠22週未満と母体保護法により定められています。
保険適用外となるため、手術費用は全額自己負担となります。
妊娠初期の手術と中期の手術では手術法が異なり、妊娠12週から22週未満の中期の手術はより母体へのリスクが高まります。

母体を保護するためにも望まない妊娠を繰り返さないようにする必要があります。
そのためには、避妊することです。
避妊法には様々な種類があるため、年齢や生活環境、将来の出産予定、パートナーの協力度などにより無理なく確実な避妊法を選ぶことが大切です。

一般的な避妊法としては、コンドームやリズム法、低用量ピルがあります。
コンドームは、手軽に入手でき、性感染症を予防することもできますが、装着ミスや破損等による失敗率の高い方法です。
リズム法は、基礎体温を毎日測定することにより排卵期を知り避妊の目安にします。
自分の月経周期を把握でき、副作用などもありません。
しかし、ストレスや過労、発熱などにより基礎体温は変動しやすく、排卵期が見つけにくくなることがあります。

低用量ピルは、女性ホルモンが含まれている薬剤です。
1日1回1錠服用することにより避妊の確率が上がります。
女性主体でできる避妊方法です。
月経周期も規則的になり、月経痛や出血量も軽減されるなどのメリットがあります。
服用し始めは副作用が医師による処方が出ることもあり、医師による処方が必要となります。

他にも、IUSやIUDなどの子宮の中に入れるタイプの避妊方法もあります。

関連記事
避妊薬のピルはPMSでも処方箋を出してもらえる?

ピルというと、避妊のためにしか処方箋を出してもらえないと考えがちですが、実は女性特有の悩みであるPMSの症状にもピルの服用が効果的であり、処方箋を出してもらえるということはご存知でしょうか。PMSは、生理が始まる3~10前くらいから、ホルモンバランスが乱れることによって起こる症状の全般のことを指しま...

2020年01月17日
IUSを使用した避妊方法

IUSは、黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出することで妊娠を防ぐ子宮内避妊システムです。高い効果を期待することができ、持続期間も長いことから最も優れた避妊と方法して注目を集めています。IUSは自分で装着することができません。産婦人科や婦人科を受診し、医師に装着してもらい、除去するときも医師に除去を...

2019年11月15日
後悔しないための避妊方法

男女が性交渉をおこなうと、女性側が妊娠する可能性があります。たとえ排卵期を避けて性交渉をおこなった場合でも、低確率ではありますが妊娠するのです。そのためもしも妊娠を望まないのであれば、避妊をする必要があります。望まない妊娠は、両親となる男女はもちろん、お腹に宿った命にとっても辛く悲しい事態を招くこと...

2019年09月03日
日本で中絶する未成年者がいます

日本でも妊娠、中絶を未成年者が経験していたりします。日本の妊娠した多くの未成年の子供たちは、親に知られたくないと隠そうとしますが、中絶は親、または、保護者の同意無しには手術してもらえません。身近に相談できる大人がいないと、中絶を行える期間が過ぎてしまいます。未成年は、体が成長過程です。妊娠してしまう...

2019年10月20日
妊娠、出産でかかる費用

妊娠、出産でかかる費用ってどれくらいかご存知でしょうか。まずは妊娠から紹介します。病院で妊娠が確定すると、市役所で母子手帳がもらえます。母子手帳と一緒に検診票がもらえます。妊娠中は保険が適用されないので、検診票を持っていく事で少し検診料金が安くなります。これは病院によって様々ですが、1回1000円未...

2019年09月22日
避妊を失敗しやすい状況

避妊を失敗しやすい状況は、避妊具の説明書をよく確認せずに、適当に装着してしまった事にあります。取り付け方も単純に思える避妊具は、広げてさっと装着できると考えてしまいます。でも、初めて使う人や性行為の前で興奮してしまうと、装着する事がうまくできなくなってしまうのです。中途半端な状態で装着した為に、性行...

2019年08月09日
避妊失敗した人の声を集めました

避妊に失敗した経験は、言いようのない気持ちになります。私も含めてですが、避妊失敗した人の声を集めました。若年層に多いのは、妊娠するとは思わなかった、一回くらい大丈夫だと思ったという楽観的な答えでした。仕事ないし、お金ないし、まだ遊びたいしという自分本位な考え方を、悪びれることなく話す彼らの声は、将来...

2019年07月23日
避妊には成功したが副作用が

低用量ピルの副作用として出る頭痛・吐き気、そしてピルの副作用として広く知られている食欲増加・浮腫みなどが現れます。普段から食の細めの妹が薬を飲み始めてから2日後ぐらいに、急にデザートなどを食べる様になった上に、目に見えて足も浮腫んでいました。緊急避妊は出来るが、比較的副作用の少ない低用量ピルのトリキ...

2019年07月12日